コピーライティングについての誤解

メルマガやブログ、SNS、を使って集客して、

登録してきた人にセールスを仕掛けることが一般的ですが、

稼げる系のジャンルでは、まず記事は読まれません

ブログやメールが読まれない理由は?

そもそも興味がないのです。

儲け話のメールはこのネット上にあふれています。

ですから、読まれない、見向きもさない。

しかし、一旦、自分が情報発信する立場になった

とたんに、“自分の書いた文章は読んでもらえる”

と勘違いしてしまう。

その点をわかっていないから、というか

気づいていないから、サイトのアクセスが伸びない

メルマガの読者さんんが増えないと悩んでしまうのです。

コピーライティングについての誤解

コピーライティングは魔法のスキルではありません。

読者を誘導させ購買意欲をあおり

商品を購入させる

有効な手段と思われているところがある

のですが、コピーライティングは

一つのスキルでしかありません。

コピーライティングに過度の

妄想や幻想に抱くことなく

現実問題として正しい認識を持ちましょう。

コピーライティングは莫大な収入をもたらすか?

コピーライティングのみで

莫大な収入を得るのは難しいのです。

もしあなたが自宅でくつろいでいるときに

突然、セールマンが押し掛けて、

商品の説明をし始めたらあなたはどう思いますか?

関係ないことに時間を割かれて、

頭に来てしまうと思うのです。

そんなものいらない、買う気がない、

うざい、早く帰れ、そう思うでしょう。

ここであなたとそのセールスマンとの

やりとりで重要なことがぬけているからなんです。

セールスに結びつく信頼関係の構築

その重要なコトというのが

「信頼関係の構築」なのです。

例えば、あなたの友人の知り合いが経営しているお店で、

とてもおいしいステーキ店があるとしましょう。

あなたの親友からの紹介なら

1回は付き合いで

美味しいステーキのお店を訪れるでしょう。

これはステーキが好きか嫌いかによりますが・・・。

これはあなたとその友人との信頼関係によって

あなたが行動を起こしたことによります。

コピーライティングを学ぶことで

なぜ、収益が伸びるのか。

それは、信頼関係を構築できるからです。

間違っても、相手に商品を売りつけて

お金を搾取するスキルのように

誤解しないで下さいね。

例えば、メルマガの登録率を

10%から20%に改善したいと

思った場合など、

コピーライティングを学んで

いる人とそうでない人では、

雲泥の差が出るということなんですね。

この手法については後日、

記事をアップししたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする