情報商材通りに実践すれば本当に稼げるのか?

実態は、初心者のままでは稼げません。
初心者が稼げるようになるには、相当な時間を費やさなければ
なりませんし、商材通り実践したとしても、
自身でアイディアを出して、その商材で身につけたスキルをさらに発展させ、
スキルをステップアップする必要があります。

それはもうすでに初心者ではないですよね。

ですから、初心者のままでは稼げない、早く初心者を卒業する事なんです。

アフィリエイトは本当に稼げるのか?

簡単に稼げるノウハウも存在しますが、
逆に簡単に稼げるようになった分、すぐに稼げなくなってしまいます。

それはちょうど、会社でいう“お茶くみ”に似ています。
会社の仕事で、誰でもできることといえば、茶くみ、と
慣れてくれば、コピーを取ることなどではないでしょうか?

それが、会議でプレゼンをしてみろ、とか言われたら、
ある程度経験が必要になりますよね?
話す内容を調べたり、スピーチの練習をしたり、
聞いている人にわかりやすく話せているか?といったチェック
をしたり何度も何度も練習することでしょう。

それと同じで、誰でもできるノウハウはすぐに真似され
やがて稼げなくなるのです。

これは、簡単な作業だと、真似する人が多くいて、
すぐにそのノウハウは飽和してしまからなのです。
それでは、たとえ挑戦して、できるようになったとしても
“価値”は低いのではないでしょうか?

そんな低い価値の商材で、たとえ稼げたとしても
今後果たして大きく稼げるようになるでしょうか?
次のステップに移行するためには“何かが必要”ということです。

慣れてきたら次のステップアップです。

アフィリエイトで稼いでいる人のほとんどは
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の手法です。
これはどういう物かというと、
ブログに記事を書き、アクセスを集めて、メルマガに登録させ
登録した人との信頼関係を結び、商品を紹介して稼ぐ、という手法です。

稼げるようになった人のほとんどがこのDRMというやり方を用いて、稼いでいます。

いたってシンプルですよね。

ここで、DRMを順番通り見ていくとそれぞれに、
簡単に稼げない壁、長続きしない壁、というのが存在します。

1.ブログに記事を書くといっても、記事が書けない。
2.ブログにアクセスを集める方法が分からない。
3.メルマガ登録させようにも、メルマガが発行できない(メルマガが書けない)。
4.メルマガの読者との信頼関係なんて、そんな有益な内容のメルマガなんて書けない。
5.商品を紹介するといっても、そもそも商品の評価するだけの」経験がない。

とネガティブな事ばかり並べましたが、
書こうとすると、どうしても目の前にちらつく事がありますよね。
前向きな思考に切り替えていく事で、大切ですね。

ところで、稼げるようになった人からすれば、
ブログの10記事アップする事なんて、当たり前だそうですね。
さすがに10記事というのは、なかなか実行に移せませんが、
3~5記事程度は日々実践しています。

そこで、どうしてもこれから
ライティングの重要性、書き続けていくための
コツみたいのものが
日々大切になってきます。

記事ブログも練習用に必要ですし、ただ書いていればよい、
というわけではないので、
ポイントを次回からお伝えしていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする