自己アフィリエイトの注意点

アフィリエイターは、自己資本の軍資金集めに
自己アフィリエイトを利用しますね。

その資金で今後のアフィリエイト活動の
費用に充てたい考えです。

一方、広告主側が自己アフィリエイトに報酬を支払うわけは、

「内容を確認してもらい、アフィリエイト活動に活かしてほしいから」で

両者の思惑は若干違いますね。
広告主側は商品を紹介してもらいたい、売りたいと思っていますし、
アフィリエイターは報酬がほしい。

しかしもし、アフィリエイターが報酬目的ノミに走ったらどうなることでしょうか?

商品を紹介するとき、送料は有料なのに、無料です、というたったり
返金保証がないのに、返金保証ありと記載したり、

そうした虚偽記載は、クレームはすべて「広告主に行きます」。
広告主はそのアフィリエイトサイトを確認し虚偽が明らかになった場合には、
アカウント停止、提携解除、支払い凍結といった措置を取るでしょう。

この報酬目的のために行ったバランスを欠いた、
アフィリエイト活動です。
ここで大切なことは、報酬のことは一旦忘れて楽しんで、
サイト作りをしていくべきです。

○○稼ぐことが目標、と始める前はノートに決意を書いても、
モチベーション維持、アップには必ずしもつながりません。

こんなことを書くから何が何でも稼いでやるぞ、目標まで○○円、

あと何日しかない、といった焦りが出てきて思うように

アフィリエイト活動できません。

また情報商材は承認率100%なので問題ありませんが、

情報商材以外のASPには「承認率」という壁があります。

例えばあなたが100件の広告を成約したとしても、
その成約したASPが承認してくれないこともあります。

つまり100件成約しても100件分の報酬を支払ってくれない
却下される案件も出てくるから100件分の報酬は得られない
事になってしまいます。

アフィリエイターはただ働きさせられて、一向に報酬にならない
という事態もありうるのです。

自己アフィリはこうした「良い広告」「悪い広告」を見分け
「ちゃんと報酬を払ってくれるASP」という概念を磨く
ための練習という意味もあります。

無料オファーのASPサイトなんかは、

特にこうした支払ってくれない悪質ASPが存在すると言われているので、
注意すべきです。

無料オファーに挑戦したい人は、このレポートが参考になります。
まずは、無料でレポートをダウンロードしてから挑戦してしてください。

↓↓↓↓↓↓

『初めての無料オファーアフィリエイト徹底攻略法を解説!誰でも稼げる手順書 無料オファー系ASP100件超一覧&無期限オファー案件リスト付き』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする