「わかりにくい」と言われるあなたへ

理解してもらえないのは、

能力や気質の問題ではありません。

ロジカルシンキングさえ知れば、

考え方に自信を持てるだけでなく、上司の信頼が増します。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
詳細は画像をクリック

ロジカルシンキングとは、論理的思考力という意味で、これを鍛えることによって、
会社での問題解決やプレゼンテーション、文章作成など
多くの必要としているスキルの基礎となるものです。

これができるようになれば、上司の信頼にもつながりますし、
職場でも重宝されます。

問題解決スキルやプレゼンテーションスキル
高まるということは、
同時に他のスキルも向上していきます。

ですから、この論理的思考力をトレーニング
することは良いことなのですが、
実は、相当苦手意識を持っている方も多くいらっしゃいます。

—————————————————————

職場は、さまざまな価値観の人が集まる場所。
論理的に考え、話し、書く必要がある
上司になかなか理解してもらえない。

資料やメール作成に時間がかかる。

それは全く難しくありません。
もちろん能力、気質、地頭も関係しません。
相手に伝わりやすくなります。

仕事が信頼されます。
仕事がスピードアップします。
仕事に自信が持てます。

こんな一日が待っているのです。

●ポイントが明確なあなたの説明に、
上司の安心した雰囲気が伝わってきます。

●内心はちょっと
誇らしい気持ちです。

●因果関係が明確なあなたの説明は、
誰にもわかりやすかったらしく、
簡単な質疑応答のみで終了となります。

●一番伝わるかが既に頭の中で
できあがっているため、
スムーズに手が動きます。

★理解を邪魔する“3つの壁”があるから。

・最初に待ちうけるのが『言葉の壁』です。
・次に出てくるのが『仕組みの壁』です。
・3番目の『使いこなしの壁』

※実は、この3番目の『使いこなしの壁』こそ、
最も多くの人がつまずくハードルなんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする