Twitter Brainというツールについて

Twitter Brain(ツイッターブレイン)というツールについて
これまで「Twitterツールで稼げなかった人向け」ということが言えると思います。
ですから、そんな方にはこのTwitter Brain(ツイッターブレイン)の
機能のすごさが、セールスレターを読んだだけで、すぐにわかると思います。
これまでは、フォローマティックがトップの座に君臨していました。

最近バージョンアップして、「フォローマティックXY」となり
より強力になりましたが、Twitter Brain(ツイッターブレイン)の
特徴は、
・リツイート数の多い過去のツイートを取り込み、自動ツイートしていく(Attention tweet System)
・リツイート数の多いリアルタイムなトレンドツイートを取り込み自動ツイートしていく(Trend tweet System)

この2つの仕組みがこのTwitter Brain の最大の特徴です。

これまでのTwitterツールとははるかに違う機能です。

分かりやすく解説すると、
リツイート数の多い他のユーザーのツイートを
リサーチし、そのツイートを取り込んでBOT化してくれるシステム
ということになりますね。

「BOT機能の完全なオートメーション化」
を徹底して追及したものになっています。

ツイッターツールというものは、
「フォロー&アンフォロー」を自動化させ、
フォロワーを集めていくところにあります。

BOTと呼ばれる自動ツイート機能が
「フォロー&アンフォロー」機能を補佐して
行くという2パターンで構成されています。

1000人のフォロワーがいれば、
1100人までしかフォローが出来ないので、
どんなに高性能なツールを使っても
フォロワー数の1.1倍までしかフォローをしてはいけない
「暗黙のルール」は破れません。

ですから、自分で既存のフォローユーザーを解除して、
また別のユーザーをフォローしていくしかありません。

つまり「フォロー&アンフォロー」の機能
その制限がある以上、ある程度スピード
制限されてしまうのです。

しかし、どんなにツールでフォロワーさんを集めても、
面白いツィートを作れなければリツィートしてもらえません。
結局、稼ぐことも出来なければ、集客効果等も得られないのです。

リツィートが多いってことは、それだけ面白いツィート多いってことですから、
「リツイート数の多いツイートを参考にして作りましょう。」というのが結論です。

ツィッターをあまり利用したことがない人が、
受けるツィートを書けるわけありませんし、
それよりも、反応したツイートを参考に
確実に「ウケるツイート」を作ることこそ
はるかに効率的です。

結局差別化できるポイントが、リツィートの数、ということになると
ツールはフォロワー作りだけになってしまいますが、
そこはツールの使い方、ということになります。

例えば、
リツイート数の多いツイートをリサーチし実際に見つけて
それを参考に面白いツイートを試行錯誤して
実際にそういうツイートを作って
そのツイートに見合った画像を探して
画像を見つけたらそれをPCに保存して
そのツイートをBOTに登録していく・・・。

けっこうな作業時間かかりますよね。

しかも、1つや2つではなく、100個、200個
面白いツイートを作る必要があるんですよ。

ツイッターで言う面白いツイートは、
すなわち「フォロワーが反応するツイート」であり、
フォロワーが反応するツイートをつぶやいているユーザーは、
当然ながらフォロワーからも「注目」されます。

「このツイートは面白い。」「この人のツイートは面白い」と。
フォロワーに日々のツイートが注目されていれば、
アフィリエイトリンクを仕込ませたつぶやき
ブログへの誘導リンクを仕込ませたつぶやきなど、
そのクリック率も飛躍的に高まって、
稼げる金額、集客力も格段にアップするという寸法です。

そもそも「ツイート」こそがメインのツイッターというサイトでは、
「面白いツイートをつぶやいていく事」が、ほぼその全てなわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする